最新情報 | 美味しい可愛いスイーツのオートクチュール♪ ミホパンポップケーキ☆ mihopan popcake

  • 最新情報一覧
  • mihopan ポップケーキ情報
  • mihopan パン教室情報

 

 

 

 

 

あとハロウィンまで36日ハロウィン
そこで、ハロウィンの超定番なお話を♪
 
世界ではどうなの???? ハロウィンって?

アイルランドでは、お休み!
由緒正しく、お祝いします。...

アメリカでは、パーティー三昧♪
オーストラリアでは、スルー?!?!

さて、ハロウィンと言えば、

「ジャック オー ランタン」( Jack-o'-lantern )

実は、、、、こんな話もあるそうです。


”かつてウィルという鍛冶屋の男がいました。
口が悪く素行も良くなかったのですが、
死んだ後で死者の門へ着いたとき、
彼は何を思ったか天国の門番である
聖ペテロをだまして生き返ります。

しかし、生き返っても反省せずに
また悪いことばかりしていたので、
次に死んだときには聖ペテロから罰として
天国にも地獄にも入れてもらえず、
永遠に闇の中をさまようことになりました。

その時に彼を哀れんだ悪魔が、
地獄の劫火からゴウゴウと燃える石炭を
ひとつ明かりとして渡してくれたそうです。

この明かりは、ときどきこの世からでも
薄っすらと見えることがあり、
それを見た人たちはこの話になぞらえて

「 種火のウィル 」
かぼちゃのランタンにともした火
「 ジャック・オー・ランタン ( Jack O' Lantern ) 」

と呼ぶようになったそうです。

では、なぜ ジャック??

ジャックと言えば、「ジャックと豆の木」?

いえ!違います!!

ジャックは、日本でいうところの「太郎」みたいな位置づけ(ちょっと古い???)
とってもポピュラーで一般的な名前だから!!

「ジャックのだろ〜」見たいな。

これは、あの「ハイジャック」の語源と通ずるところがありますね
アメリカ開拓時代、荒野を横断する幌馬車がしばしば強盗に襲われました。
強盗は、なんでもない人を装って、こう声をかけたんです

「ハイ!ジャック!」

そう、、、 ジャック つながりですね。
という事で、世界のハロウィンについてのお話でした。


Trick or  Treat !!!